「初夏のフェルトとラギオール」

今回のぶらぶらは…..

「初夏のフェルトとラギオール」 sayuri matsushita の

オールハンドメイドフェルトとみつばちのフレンチナイフの1週間 

5月20日(日)~26日(土)大阪上本町 銭屋ギャラリー

にて開催された展示会にお邪魔させて頂きました。


天然素材のフェルト作家さんの『sayuri matsushita』さんとフォールディングナイフを取り扱う『UTAI』さんのコラボ展示会です。

天然素材ならではの、使うほどに愛着のわく生活道具。本場フランスの手仕事で作られたフォールディングナイフの数々、
フェルトで作られたバック・ポーチ・チェアマットやコースターなど季節を問わずつかえる作品がたくさんならんでいました。

現地でお話させていただきました『UTAI』の治美さん ラギオールの歴史や作り手の思いをわかりやすく素敵に教えていただきナイフはもちろんのこと、治美さんの魅力にも引き込まれました。
みつばちが象られ特徴である ‘’Laguiole” ナイフ・・・ラギオール(ライヨル)は、フランス南部のアヴェロン県にある人口1,200人にも満たない小さな村。
その地方で19世紀初頭から職人の手作業でひとつひとつ丹精に造られているナイフを ‘’Laguiole” ナイフと呼び、
ディテールも美しく質も高いことで認められ、フレンチレストランをはじめとする世界中から愛され続ける歴史あるナイフである

そんな貴重で良質な作品に出会うことが出来ました。

で・・・・思わず購入してしまいました。(笑)
たくさんある中、目移りしながらも決めました! ワイン好きの私にはたまらない『ハンドメイドソムリエナイフ』 古くから伝わる技術と最高の素材を集結して仕上げたビンテージの一品 
使うことで味わいが出てくる一生モノを手に入れましたよ!  大事に使わせていただきます。
一緒に伺った松井氏はフェルトのコースターを購入、天然素材の素敵な色合いで暖かみを感じるクッション性もあり丈夫で耐水性にも優れているのでコースターにはピッタリだそうです。

楽しいお話は時間を忘れてしまいついつい長居をしてしまいました(笑)お邪魔いたしました。 今回はお会いできなかったですがフェルト作家さんのsayuriさんにもお会いしたいです! ではでは! ・

Personal data

gallery

logow

078-585-5109

  • 神戸市中央区海岸通2-3-1昭和ビル305
  • contact@reallab.info